パチスロを夜から打つならこんなホール! 5つの重要ポイント

  • LINEで送る

slot まどかマギカ 夜の見滝原市

夜から打つのに向いているホール、向いていないホールの違いとは?

残り時間の少ない夜からの実戦では、1日打てる場合とホールの選び方が違ってきます。

夜からの実戦で少しでも勝率を上げるためのホール選びポイントをまとめてみました。

Sponsored Link

①.等価交換である

稼動できる時間が短い場合にまず重要なのはホールの交換率です。

非等価ホールの方が等価のホールに比べて、設定や釘に期待できる場合が多いです。

 

しかし、持ち玉で粘ることが重要な非等価で、打てる時間が短いというのは非常に相性が悪いです。

特にスロットの天井狙い・ゾーン狙いは影響が大きいです。

 

打てる時間が短い場合にわざわざ非等価のホールを選ぶのは自殺行為です。

夜からの実戦では等価交換もしくは等価に近い交換率のホールを選びましょう。

 

②.ホッパーエッラーの起こらないホール

・台のメダルが切れてホッパーエラーが起きたら、店員さんに補充してもらうホール

・自動で補充されるのでホッパーエラーが起こらないホール

 

この2種類のホールがあります。

細かいことですが当然、メダルが自動補充されてホッパーエラーの起こらないホールの方が有利です。

 

店員さんの補充が必要なホールでも、素早く対応してもらえるならいいのですが、忙しい閉店前だとコールしてもなかなか来てもらえなかったり…。

この時間ロスが意外に大きな損失だったりします。

Sponsored Link

③.閉店時間が遅めのホール

ホールによって閉店時間も様々です。

23:00閉店のホールと23:30閉店のホールであれば、23:30まで打てるホールの方が断然有利ですよね。

 

閉店が30分遅いか早いかで、大量上乗せを取りきれるかどうかも大きく変わってきますので、

なるべく閉店時間が遅いホールを選びましょう。

 

④.閉店時間延長サービスがあるホールだとさらに有利

閉店時間が遅めのホールでなおかつ、時間延長サービスがあるホールだと夜からの実戦はさらに有利になります。

「会員カードを作っていると更に10分延長!」なんてホールもあるので、このようなサービスも有効に利用していきましょう!

私の地域では、これらのサービスを利用することで最長23:50まで打ち続けれるホールもあります。

 

⑤.ジャグラーなどのAタイプ機種の設定状況が良好

ATやART機だと、どうしても閉店取りきれずを考慮しないといけないため、閉店時間ギリギリまで攻めることができません。

ですので、ジャグラー・パルサー・ハナハナなどのAタイプ機種に高設定が入るようなホールだと、夜からでも期待値を稼ぎやすいですね。

もちろん高設定を打てるかどうかが重要になってきますので、ホール選びや台選びはよく考える必要があります。

参考:【ジャグラー稼働】夜から稼げる スロット設定狙い

 

夜からの稼動は閉店時間との勝負

多くのサラリーマンにとってメインとなるのは夜からの勝負ではないでしょうか?

そして、夜からの稼動には閉店時間を常に意識しながら動く必要があります。

 

今回ご紹介したホールの選び方は夜メインの打ち手にとって、大きく差が出るポイントです。

夜から打てるホール・打てないホールを見極めながら稼動していきましょう!

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ