【スロット】設定狙いが難しい最大の理由

  • LINEで送る

甲殻機動隊 高設定濃厚台

スロットの設定狙いは難しい

一時期のAT機の繁栄から一転、徐々にゾーン狙い・天井狙いの有効性が薄まりつつある昨今。

「天井狙いだけではダメだ」とスロット高設定狙いにチャレンジする方も増えてきました。

しかし、設定狙いは天井狙いに比べると格段に難しいです。

Sponsored Link

高設定狙いが難しい理由は「答え合わせができない」から

「答え合わせができない」とは、ホールの設定状況を本当の意味で確認することはできないということです。

「高設定かも!」という台を終日回して推測要素も強かったとしても、100%高設定だったかどうかは分からないのです。

高設定が確定する演出が出ればいいのですが、どの機種でも出現率は高くはありません。

 

「自分が打っていた台の設定は実際どうだったのか?」

ホール側から教えてもらうことが不可能な以上、自身の観察力や予想の精度を高めていくしかありません。

つまり、経験を積むことと、情報の収集力が重要になってきます。

Sponsored Link

高設定狙いの経験を積み、予想の精度を上げる

高設定狙いの経験値をためるには、もちろん「実戦あるのみ」なのですが、

ポイントを意識しながら実戦していかないとただ貴重な資金を失っていくだけになっていきます。

 

設定狙いについて、大切なポイントは以下の記事にあげてますので参考にしてみてください。

【スロット設定狙い】最も大切なポイント

【スロット ジャグラー】高設定を掴めるホールとは? チェックすべき5つのポイント

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ