【北斗の拳 強敵】スペック・天井性能 狙い目

  • LINEで送る

北斗の拳 強敵

2015年9月導入予定 北斗シリーズ最新作 パチスロ北斗の拳 強敵

北斗の拳 強敵

「強敵」と書いて「とも」と呼びます。

今までのシリーズの実績があり、間違いなく注目されている本機。

今回は現在判明している情報から、狙い目など予想していきます。

Sponsored Link

スペック

設定 AT当選率 PAYOUT
1 1/433 97.6%
2 1/412 98.7%
3 1/386 101.4%
4 1/361 103.4%
5 1/326 107.2%
6 1/292 113.1%

【導入日】2015年9月7日予定

【導入台数】65,000台予定

【仕様・タイプ】高ベース新基準AT機 差枚数管理タイプ

【AT純増枚数】約2.8枚/G

【コイン持ち】50枚あたり約44G

 

天井性能

【天井】1600G

【恩恵】AT当選

Sponsored Link

解説と予想

言わずと知れたパチンコ・パチスロの強力コンテンツ「北斗の拳」

今回はAT規制を受けて、麻雀物語3などと同様の高ベース新基準AT機となっているようです。

通常時のコイン持ちが50枚で約44Gと回るようになっている分、初当たり確率の重さや天井ゲーム数が深い仕様になっています。

 

さらには今回は北斗初の差枚数管理ATです。100枚獲得で終了といった展開が多くなりそうな予感はしますが・・・。

天井狙いは800Gくらいからいけるのではないかと思っています。

天井特典もなさそうなので、最低でも900Gくらいから打ちたいですね。(2015.09.07追記)

 

ゾーンや天国モードもありそうですが、 ゾーンや天国モードもないようです。(2015.09.07追記)

天井狙いで打つならAT終了後は前兆無し即ヤメでもOKだと思います。

また、北斗の拳はホールの高設定投入にも期待できるコンテンツだと思いますので、ホールの設定状況さえよければ積極的に狙っていきたいですね。

 

北斗の拳 転生の章との兼ね合いは?

北斗の拳 転生の章

バイオ6と同時にバイオ5を再導入したホールがあることを考えても、ホール側は高ベース新基準AT機が本当に長期稼動できるか不安な状態なのだと思います。

ですので、今回の『強敵』を導入するホールでもそのまま『転生の章』は残したままか、増台や再導入をするホールも出てくると思います。

そういったホールでは逆に設定推測などの解析が出きっている、『転生の章』の方が案外狙い目かもしれませんね!

 

 

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ