【パチンコ】試し打ちの極意

  • LINEで送る

上向き矢印

試し打ちの必須アイテム=電卓

いま打っている台がどれくらい回っているのか。カウントする方法をご存知ですか?

カウントに必須なアイテム。それは・・・電卓です!

 

とはいえ、電卓そのものをパチンコ店に持ち込む人はいないでしょうから、

携帯やスマホについている電卓機能を使いましょう!

Sponsored Link

パチンコ回転数の計測の仕方

回転率をカウントするには、1000円あたり何回転回っているかを数えていきます。

 

まずは、打ち始める前にデータカウンターの回転数をチェックしましょう。

例えば、今が120回転回っている台としたら、120回転をスタートに数え始めます。

 

最初の1000円でデータカウンター140回転まで回ったら、140−120=20回転回ったということになります。

「はい、この台は1000円で20回の優良台です。」ってことにはなりませんよ。

 

『回りムラ』を考慮しないと痛い目を見る

最初の1000円でよく回ったからといって、その回転数で回り続けるとは限りません。

1000円20回転の台がずっと20回転回り続けるわけではありません。

25回回ることもあれば、15回しか回らない時もあるわけです。

 

その平均が徐々に20回転付近に落ち着くということです。

 

サンプルを増やして正確な回転数を調べる

正確な回転数を把握するには、1000円ごとの回転数を計測し続けていくことが重要です。

20回転+15回転+30回転…という感じに1000円ごとの回転数を電卓にプラスしていきます。

 

5000円分とか1万円分とかキリのいいところで、今までの回転数を全部合計して、足した回数分割り算しましょう。

 

例)20+15+30+17+22=104 104÷5=20.8

この台は1000円で平均20.8回という算出方法です。

 

定期的に確認して、台の正確な回転数を把握しましょう。

 

ちなみに、1000円あたりの回転数が信頼のある数値に収まるまでにだいたい3万円分くらいのカウントが必要だそうです。

Sponsored Link

大金使ったけど、結局回らなかった…という事態を防ごう

とはいえ、試し打ちに毎回3万円使うのは現実的ではありませんよね。

3万円分回して、「結局回らない台でした。」というのは、かなりキツいです。

 

そこで、まずは気になる台を見つけたら、3000円分回してみましょう。

 

ここで見るべきポイントは

①3000円で何回転回ったか

②玉の動きはどうか

ということです。

3000円でボーダーラインより回っているけど、ヘソまでたどり着く玉が少ないからやめるとか、

逆に3000円でボーダーラインに届いていないけど、ヘソによく玉が絡んでいるから続行するなど。

この2つのポイントを総合して考えながら、その台を続行するかどうかを決めましょう。

 

そして、試し打ちが終わった後もなるべく回転数を記録しつづけましょう!

「最初の1000円はすごく回ったのに、急に回らなくなった!」なんてことはよくあることですからね。

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ