【パチンコ・スロット ノリ打ち】ノリ打ちってアリ?ナシ?

  • LINEで送る

エヴァンゲリオン 希望の槍 渚カヲル

パチンコ・スロットはノリ打ちで勝率が大幅に安定する

友人や親しい人と協力してパチンコで勝つ手段。

今回は「ノリ打ち」についてです。

 

ノリ打ちとはどんな打ち方?

『二人以上のグループとなって、パチンコやスロットを打ち、出玉を共有しながら稼動をすること。

そして最終的な出玉の交換額は均等に分配する打ち方』のことです。

噛み砕いて言うと、一緒に打っている人と勝ちも負けも分かち合うということです。 

 

「そんなの俺の勝ち額が減るじゃんっ!」

と、食わず嫌いする前にメリット・デメリットについて考えてみましょう。

Sponsored Link

ノリ打ちのメリット

  • 等価交換でないホールなら、お互いの出玉を使うことで現金投資の換金ギャップを減らすことができる
  • 大勝ちや大負けが減り、収支が安定しやすくなる
  • お互いの大当たりや連チャンを素直に喜べる

 

ノリ打ちのメリットで最も重要なのは現金投資の換金ギャップが減らせることですね。

これは交換率が低いホールであるほど、有効になってきます。

 

スロットの設定狙いやパチンコの良釘狙いで

「交換率が低いけど、稼げる台が複数ある!」という場合にノリ打ちはもってこいです。

 

ノリ打ちのデメリット

  • 投資金額のごまかしや着服などの金銭的トラブルが起きやすい
  • 店の移動などができにくくなり、立ち回りに制限がかかる
  • お互いの技術や立ち回りに差がありすぎると不満の素になる
  • 自分だけたくさん出していると損した気分になる

 

ノリ打ちのデメリットで最も注意すべきなのは、金銭的なトラブルです。

実際は使っていない投資金額を申告したり、勝ち金から巧妙に抜いたりなど、ズルいことをする人も実際にいます。

かといってお互いに疑心暗鬼になるのも良くないことです。

 

これはノリ打ちの大前提ですが、信用できない人とノリ打ちをしてはいけません。

「コイツにならズルされても仕方ない」と思えるような相手を選びましょう。

Sponsored Link

効果的なノリ打ちの方法

  • イベント日や特定日など、設定や釘に期待できるホールを狙う
  • 極力現金投資をしないように努める。どちらかが大当たりしたら速やかに出玉を共有する。
  • 稼動時間の上限や軍資金の額などトラブルを防ぐために共有しておく
  • ホールによってはグループ打ちに厳しいところもある。目立ちすぎないようにマナーを守って稼動する。
  • 離れた台での実践時もお互いにLINEやメールなどで状況報告。不安を取り除く努力をするのが長く続コツ。

 

いかがだったでしょうか?

個人的にノリ打ちは好きです。

お互いの演出やアツい瞬間に一喜一憂しながら稼動できるっていうのはすごく楽しいことですからね。

 

いくら稼げる立ち回りができていても「楽しい」と思える瞬間が減ってくると長続きできませんから、

たまには信頼できる友人とノリ打ちしてみるのもいい刺激になると思います。

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ