【原点・体験談】なぜパチンコで勝てるようになったのか? 前篇

  • LINEで送る

カイジ 泣き顔

パチンコで勝てるようになったキッカケ

どんな物事にもそこに至るまでの経緯というものがあるわけです。

パチンコについても、その経緯=原点に触れることが何かしら役に立つのではないかと思いました。

 

そこで今回は、私がパチンコで勝てる人間になるまでの道のりをシェアさせていただきますね!

 

パチンコ自体に抵抗があった学生時代

私が初めてパチンコというものに触れたのは、今から8年ほど前。専門学生の時だった。

親しいクラスメイト達はみなパチンコやスロットに夢中で、

私も「興味がある」「やってはいけない」の間で揺れていた。

 

しかし、子供時代に父親がパチンコにハマってしまったことを思うと、やはり「やってはいけない」という想いの方が強かった。

Sponsored Link

友人の誘いで初めてのパチンコ

そんな私が初めてパチンコを打つキッカケになったのは、中学時代からの友人の誘いだった。

 

その日大勝ちしていた友人は、

友「今、近くで打ってるんだけど見に来ない?」と私をパチンコに誘ってきた。

 

今までなら断るところだが、ちょうど金欠状態で困っていた私は、

友人の誘いについ乗ってしまう。

ドキドキしながら2,000円を握りしめ、友人の待つホールへ。

 

ホールに着くと、パチンコホールのタバコ臭と爆音に驚愕。

私「こんなにも空気の悪い場所があったのか…。」

すぐに気分が悪くなったが、友人の座っている台へと到着。

 

私「2,000円持って来たよ!」

友「足りるわけねーだろwww」

 

 

初体験は『戦国乙女』

友人が打っていた台は 戦国乙女 ミドル299ver

初代 戦国乙女

 

私も何も分からないまま戦国乙女に座り、同じように打ち始める。

1,000円、2,000円。なくなるのはあっという間だ。

 

私「こんなにも早く2,000円なくなるのか….」

その頃は、まだ正常な金銭感覚だっただけにパチンコの投資スピードにかなり驚いた。

 

あっという間に軍資金を使い切った私を不憫に思い、友人は自分の玉を惜しげもなくくれる。

それから友人の一箱を使いきろうとする頃、

 

初めての大当たりを引くことができた。

 

これがなければパチンコしてなかったかも…『ビギナーズラック炸裂』

よくギャンブルにハマる最初の一歩として言われるのが、『ビギナーズラック』というヤツだ。

何も分からない初心者が運だけで大勝をおさめるという意味の通り、初めてパチンコを打ち、大当たりを引いた私の戦国乙女は絶好調だった。

 

次々に確変図柄を射止め、時短引き戻しまで決まる始末。多分11連くらいはしたと思う。

わけもわからないままだったが、出玉が次々と増えていくのはかなり興奮した。

Sponsored Link

「パチンコにはハマらないぞ!」⇨あまりにも薄い決意

連チャンが終了してからは少しだけ回してヤメ。

初心者らしく、出た玉を失う怖さゆえのチキンヤメだった。

 

換金すると55,000円ほどに。

「こんな短時間でこんなにお金が手に入るのか…。」

 

しかし、もちろんパチンコは勝てないものと理解していたので、

「ハマってしまわないように気をつけよう」という決意をした時でもあった。

 

決意むなしくパチンコに熱中し始める

それからはお決まりのルート。

決意もむなしく、パチンコに通い始める日々が続いていく。

最初こそ『戦国乙女』ばかり打っていたが、次第に『初代  花の慶次』や『エヴァ 使徒再び』など、気になった機種をどんどん打ち始めるようになっていく。

 

当然、初心者が適当に打って勝ち続けられるわけもなく、あっという間に最初に勝った55,000円は溶けていった。

 

奨学金にまで手をつける有様 まさにパチンカスの極み

それからは少ないバイト代も使い切り、専門学校に行く為に借りている奨学金にまで手をつけていた。

さらには家賃の滞納までする有様。

真の『パチンカス』と呼ぶにふさわしい所行でござった。

 

独自のオカルト理論に走り始める

パチンコで本当に何も考えずに打っている人というのはいないと思う。

初心者であっても、ご老人であっても、

「この台当たりそう」という予想や勘を働かせて打っているわけだ。

 

この時期の私もご多分に漏れず、

「単発後にハマっている台は狙い目!」「本日めっちゃ当たっている台は危険!とか言いながらエヴァを打ったりしていた。

もちろんこんな打ち方で勝ち続けれるわけもなく…。

 

パチンコで負け続け 一体どうしたら…

パチンコで負け続けながらも律儀にホールに通い続ける日々。

気づけばトータルで20万円以上負けていた。

 

数ヶ月たったころにはMAXやミドルを打つことが減り、甘デジに走ることが多くなった。

投資自体は減ったが、勝てるようになったわけではないので焼け石に水。

 

しばらくパチンコに行かずに、バイトで地道に貯めるという道もあったが、

パチンコの損失を補うためだけに、やりたくないバイトをするのは空しさと情けなさで胸がいっぱいになる。

パチンコの損失はパチンコで勝つことで補いたいんだ@パチンカス

 

「それなら勝つためには一体どうしたらいいんだ…。」次第にその思いで頭がいっぱいになっていった。

 

次回へ続く

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ