【パチンコ】ボーダー理論こそ常勝への道

  • LINEで送る

飛び上がる人

前回の記事に続きまして、パチンコにおけるボーダーラインの話をしていきます。

俺はパチンコで勝ちたいんだ! なら、どうするか?

 

当たりやすい状態の台は存在するのか?

例えば、こんな状況の場合あなたはどちらを打ちますか?

  1. 本日の大当たり回数:50回 現在のスタート回転数:200回
  2. 本日の大当たり回数:0回  現在のスタート回転数:1000回 

上記の2台があるとします。あなたが当たりやすいと思う台はどちらですか?

 

答えは↓↓↓

 

どちらも当たりやすさは変わりません!!!

(もちろん、潜伏確変などは除いてですが。)

Sponsored Link

データカウンターや台の液晶を見て、

  • なんとなく出そうな気がする台
  • 波に乗っていて当たりが軽そうな台
  • 大きくハマっているからすぐに当たりそうな台

パチンコを打っているとこのような概念で打ってしまいがちです。

 

しかし、パチンコにおいてはデータを見ることで当たりやすそうな台や波を判別することは不可能。

これこそがボーダーラインを重視する打ち方、「ボーダー理論」の大前提です。

Sponsored Link

ボーダーライン以上に回る台を打ち続けるというシンプルな常勝術

パチンコで勝つために本当に必要な考え方は「ボーダーライン以上の台をひたすら打ち続ける」という至ってシンプルなものなのです。

このボーダーラインですが、最近はパチンコ雑誌などでもよく見かけますよね。

 

例えば、スーパー海物語in沖縄3のボーダーラインですが、

  • 交換率2.5円⇨22回
  • 交換率3.0円⇨20回
  • 交換率3.3円⇨19回
  • 交換率3.5円⇨19回
  • 等価交換⇨17.4回

上記のような記述をしているものです。

 

1000円分の玉(250玉)で回せるスタート回転数が上記の数値を上回り続けていれば、期待値を稼げる=勝ち続けることができる。

これこそがパチンコで勝つための常套手段と言えるのです。

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ