【パチンコ・スロット 依存症 借金】思い悩む前に知ってほしいこと

  • LINEで送る

カイジ 自分を救うのは 自分だけ

日本のギャンブル依存症率は世界でも断トツ

日本のギャンブル依存症率は全体人口の5%に昇るようで、世界平均が1%以下であることを考えると、

かなり多い比率であることがわかります。

日本のギャンブル依存症疑い536万人 人口比率5%世界1%以下で断トツに高い数字 厚生労働省 neverまとめより

 

これは、間違いなくパチンコ・スロットの影響でしょう。

競艇・競輪・競馬などもありますが、日本中に無数に乱立していて、誰でも気軽に入れてしまうパチンコホール。

ギャンブル依存を産み出さないわけがありません。

 

これは、誰が依存症になってもおかしくない社会構造ということです。

Sponsored Link

パチンコ・スロットはそもそもギャンブルではないのか?

パチンコホールは店で直接換金しない「三店方式」(カウンターとは別の場所で交換)を取っていることや、

目押しや止め打ちなどの「技術介入」ができることで、「ギャンブルではなく遊戯」という定義付けがされています。

 

でも、これって明らかに屁理屈ですよね。

勝てばお金が増えて、負ければお金が減る。この方式自体がギャンブルだと思うわけで。

継続的に勝てているならギャンブルとは言えないかもしれませんが、多くの人は運に作用されながら確実に負けていくわけです。

 

パチンコ・スロットは基本的にはギャンブルだと私は思っています。

 

なるべく依存するように作られるパチンコ台・スロット台

「キュインキュイン」 という耳に残る確定音や、網膜に焼き付きそうな殺人フラッシュ。

騒がしい演出の数々 etc…

これらはより長く、多くの期待感を持たせるようにパチンコ台・スロット台が作られているからです。

 

最近は等価交換が廃止の流れになったり、射幸心を煽るとされるMAX機などの規制などの動きはありますが、

過剰な演出への規制などはなかなか出てきませんね。

 

パチンコ・パチスロ依存症になるのは、あなただけのせいだけではない

こういった環境の中でパチンコ・パチスロ依存症の人が「全て自己責任である」とは言えないと私は思います。

何かに依存してしまうのは、必ずしもその人のせいだけではない。

しかし、悪い状況をなんとかできるのは自分自身しかいません。

 

依存症を克服するか、勝てるようになるか 2つに1つ

こういった状況を改善するには、

①.依存症を克服し、パチンコ・パチスロから卒業する

②.パチンコ・パチスロで継続的に勝てるようになる

このどちらかです。

 

当ブログで紹介しているのは、②.パチンコ・パチスロで継続的に勝てるようになるの手段や考え方についてですが、

必ずしも全ての人に向いているとは思いません。

好きな台を好きなように楽しんで打ちたい人にとっては、勝つための手段や考え方はとても面倒なものです。

 

そういった方が深刻な依存症になってしまった場合は、①.依存症を克服し、パチンコ・パチスロから卒業するしかないと思います。

まずは自分だけで悩まずに家族やカウンセラーなど、正直に話せる人にありのまま話すことが重要です。

Sponsored Link

継続的に勝つことで状況を脱したいなら、覚悟が必要

継続的に勝つことで状況を脱したいと考えるなら、

まずやめるべきことは、

負ける理由を他人やホール・台のせいばかりにすることです。

パチンコ・パチスロで勝てない根本原因

 

なにかのせいにする人が意識と行動を変えることはありません。

意識と行動が変わらないということは、結果も変わらない、今まで通り悪い流れが繰り返されるだけです。

 

幸い今の時代はネットで調べればいくらでも勝つための情報は手にいれることができます。

膨大な情報の中から本物の情報を見つけ出し、実践することが重要です。

 

その前段階として、まずは自分の意識を変えることからです。

本気でなんとかしたいと考えるなら、まずは意識と行動を変える覚悟を持つことから始めてください。

Sponsored Link
  • LINEで送る

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ